OCTAVARIUM WORLD TOUR 2005/2006

1月12日と13日の東京国際フォーラムのライブに行ってきました。
相変わらずすごいことになってました。
途中で15分の休憩をはさんでの2部構成のライブ。
2日で6時間くらいの中、1曲も同じ曲をやらず。
どこかの人だけはたくさんいる集団に爪のあかを煎じて飲まさせたいくらいですね。
12日は通常のツアー用セットリスト。
13日の2部はアルバム丸ごと1枚カバー。

12日はOCTAVARIUMの1曲目Root Of All Evilから始まり、
ぎゅーっと1985年まで戻り年代順にアルバムの中から何曲かずつ演奏。
2部の最後にアルバムでは24分のOCTAVARIUMをやって終了。
アンコールにMetropolis Pt1。
Voのラブリエもよく声が出ていたようで。
いつものように圧倒されすぎて何もリアクションがとれず
ぽかーんと見ているだけでした。

13日も1部は自分たちの曲。
2部は何のカバーをやるかいろいろ予想されていたわけですが、
前日にスクリーンでPink FloydのDark side of the moonのジャケットを
加工したのが出ていたので、期待は高まって狂気を聴く気満々だったわけですよ。
12日にWish You Were Hereみたいな曲もやって、もう100%カクテーとか
勝手に思っていたわけですよ。
まぁ蓋を開けてみればDepp PurpleのLive in Japanだったようですが。
最後にOCTAVARIUM聴けるかなと思っていたのですが、
聴けなかったのでそこそこ消化不良でした。

15日のSHIBUYA-AXも行こうかと思ったけど、チケ無しだったし
ここで行ったらいろんな意味できつそうだったので、パスしましたが。。。
2部でOCTAVARIUM完全再現ですか。
やっぱ行っておけばよかったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メモ欄

DREAM THEATER Japanese tour
Jan. 07 - Osaka, JPN @ Grand Cube
Jan. 08 - Fukuoka, JPN @ Shimin Hall
Jan. 09 - Hiroshima, JPN @ Aster
Jan. 11 - Nagoya, JPN @ Aich Geijutsu Theater
Jan. 12 - Tokyo, JPN @ Kokusai Forum
Jan. 13 - Tokyo, JPN @ Kokusai Forum
Jan. 17 - Yokohama, JPN @ Blitz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

OCTAVARIUM その3

何周聴いたのかわかりませんが、やっとなんとなく流れがつかめてきた感じ。
でもやっぱりわからない。
聴いているといろいろ思うけど、いざ文字に起こそうとしてみると
やっぱり何も書けなくなってしまう。
とりあえずは多用されている5。
メンバーの人数が5人ってのもあるけど、輪廻転生がテーマだった5thアルバムの
“Metropolis Pt2 -Scenes from a memomy-”も何か関係あるのかな。

どんな感じになっているのかなと思って検索かけてひっかかったblogを読んだり
しましたが、ほとんどの人が言ってることは、
「聴き込まないとわからない」
ということでした。
ハゲドー

おそらく今回のライブでもスクリーンを使って何かをやってくれるのでしょうが
それを見るまではいろいろと想像するのでしょうね。
それもまた一興。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

OCTAVARIUM その2

3周目突入。
想像以上に奥が深そう。

1周目終了時点で気が付いたこと。
  ・8曲目のラストの音が、1曲目の最初のピアノの音だった。

すぐに2周目突入。
とりあえず1周したので、ググりながらとか、DTスレを読んだりしながら。

  ・ブックレットの絵にもいろいろ謎がありそう。
   5(メンバーの数)と8(8枚目のアルバム・過去8人のメンバーがいた等)を多用。
   ジャケットでは4個の球だったけど、ブックレットを広げると8個の球。
   球の下にいる女の人。
   3と2のドミノ牌、5と3のドミノ牌。
   8本足の蜘蛛が八角形の迷路の中心にいる。
   8本足の蛸が5匹の魚を追いかけている。真ん中にDTマークの標識。
   八角形の中に星(5個の頂点)の設計図?
     書き込んである数字や文字にも意味がありそう
     8本の辺についているアルファベットがABCDEFGHではなくてABCDEFFG
   表の表紙の裏は糸電話で聞いている子供。裏表紙の裏は糸電話で話している子供(同一人物)。
   (↑ブックレットに関しては興味深かったのでDTスレに貼りつけてあったリンク先から抜粋)

  ・ラストの曲の最後が1曲目頭のピアノの音で終わっているのかと思ったら、かすかにその後に続く
   電子音のイントロが入ってた。

3周目突入。
  ・頭の中が???で一杯。


やっぱり相当聞き込む必要がありそう。
歌詞も翻訳されたのではなくて、原文で読む必要もあるかも。
とてもじゃないけど、ながらで聴くようなCDではなさそう。
これもいつものことですが。。。

もしかしたらまだ続くかも。

| | Comments (1) | TrackBack (3)

OCTAVARIUM / Dream Theater

octavarium
2005年6月8日発売。
当然のようにフラゲ。

18時30分頃。
都内某所。
チャリで秋葉原へ向け全力疾走。

19時過ぎ。
秋葉原。石丸電気soft1。
店内に入り、物色。
OCTAVARIUMのジャケットを発見。
とりあえず泣きそうになる。
毎回毎回、発売日前日に買いに行った時、ジャケットを見るだけで泣きそうになる。
とりあえずさくっと会計を済ます。
HR/HMコーナーでは一番目立ちそうな所にあったけど、
入り口入ってすぐとか、そういう一番の場所に置かないとか意味わからない。
ちなみに店内の一番目立つ場所にあったのはZARDのライブDVD。。。

19時30分過ぎ
帰宅。
とりあえず聴く。

1曲目の最初の音。
前アルバム“Train of Thought”の最後の曲“In the name of god”の最後のピアノの音から。
ここ何枚か続いている前作最後の音からという流れを踏襲。
予想通りだけど、それだけでもおぉと思ってしまったり。、

現在1周目。
まぁこんなもんじゃないですかね。
ってか1回聴いただけでどうこう言える人達のアルバムじゃないし。
1ヶ月2ヶ月毎日毎日聴いて、それで評価するようなバンド。
聴く度にそれまで気が付かなかったこととかあるし。
いわゆるスルメです。

現時点で言えることは、デフォルトで日本公演はコンプですね。
行けるならツアーラストも行きたい。
Metropolis2000のラストのN,Y,に行かなかったのを今でも後悔してるし。


まだまだ続く。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

テンパリスト

Dream Theater's "OCTAVARIUM" out on June 7th, 2005!

もうゲロりそう。
何と言っていいのかわからない。
BURRN!の評価は87、90、90、87かな。
別にどーでもいい。
ライナーノーツは伊藤政則。
別にどーでもいい。
とにかく早く聴きたい。

ここ何作か踏襲している、前アルバムの最後の曲の最後の音から始まるんですかね。
いつも通り、前もって曲は聴かない体勢。
そして飢餓感を煽る。そしてテンパリすぎてゲロりそうになる。
まじやう゛ぁい。

BURRN!なんてここ8年くらい買ってない気がするけど、あのCMってまだやってるのかな。
BayFMの土曜深夜にやっている伊藤政則がDJしているPOWER ROCK TODAYでしか
聴いたこと無いですが。
あのCMが秀逸すぎて、腹痛い。
↓以下再現

ちゃららららーらららららーらー ちゃららららーらららららー (←DEEP PURPLEのBURNのリフのつもり)
(BGMはBURN(邦題は“紫の炎”)を脳内で再生してお楽しみ下さい)
今月の巻頭インタビューはMR.BIG!!
解散の真相に迫る!!
Rhapsodyの甲冑ポスターが付いて定価600円!!!
(ここできちんと宣伝文句が収まって)
All I hear ... is Burrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrn

↑以上再現終了
宣伝文句はかなり適当です。
なんとなく書いてみました。他意はありません。
脳内で再生しても秀逸すぎる!
たぶんこう文字で起こしてみても伝わるのは2人くらいですよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)