« November 2006 | Main | January 2007 »

信長の野望Online 破天の章

先週の水曜にアップデートされて、とりあえず1アカだけアップグレードして
ボチボチやろうかなと考えていたのに、なぜか勢いで2アカ共アップグレード。
久々にやるとおもしろいですねぇ。
でも結構忘れてることも多い感じ。
天翔斎藤家は滅亡してましたけど、久々にやってみるとおもしろいし、
せっかくアップグレードしたので楽しみたいと思います。
無駄にキャラ枠も1増やしてみたけど、当面は鉄砲を育てる方向ですね。
弱いですが。。。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

凍死しそう

自分の部屋にある唯一の暖房器具であるホットカーペットがお逝きになられました。
10年も使ってたらしょうがないんですかね。
熱で部品が溶けて?スイッチが入らなくなってしまいました。
ということで、凍死しそう。
エアコンもあるんですけど、スイッチ入れるとブレーカーが落ちるので使えない。
明日仕事帰りに買ってこないと生活出来ません。
無駄じゃないんだけど、無駄な出費だなぁ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タカギステーション

に行ってきました。
場所は新宿のロフトプラスワン。
おもしろかったなぁ。
19:30スタートで22:15くらいに終了。
あっという間でした。
でも書けない。全く書けない。
第1部は上井駅長がゲスト。
さすが営業なだけあって、話が長けている印象。
かなりおもしろい内容の話でした。
上井ステーションは柴田が名付け親。
星野勘太郎がトイレでびっしびしを練習していた。
その他諸々。
途中からアイスリボンの真琴(23世紀型レスラー)の映像を見て、
実際に本人が出てきてトーク。
まぁ真琴(とんでもない負のオーラ持ち)がアレなので、アレでした。
12月30日の後楽園では、ウルティモ校長に、スペル・デルフィンに
ザ・グレート・サスケにディック東郷を上げて、レフェリーはDDT松井。
控え室に定点観測カメラを付けて同部屋に。
控え室のことなど知らん。
さすが上井駅長だ。なんでもないぜ!
ってな勢いの発言。
三四郎メイツはこの試合のワンマッチ興行with控え室の定点観測カメラ
なら行くと言ってましたが、まぁ行きますよね。
もう何が起こるのかがアレすぎてwktkしすぎちゃいます。
あと30日は駅長の10歳上の技師の兄にウワイ28号を作ってもらって
それでメカマミーと戦うとか、無茶しすぎな発言も。
第2部はユニオンの武井匡代表がゲスト。
あまりにもアレすぎて書けません。
でもおもしろすぎました。
アレすぎてポカンとなってしまうというか・・・。
いろんな意味で漢すぎます。
2月に29歳の人と結婚。翌日に新木場でウェディング興行。
6月に出産予定で、ぴあでチケット売って出産興行をしたいとか。
無茶すぎるけど行く。
2月9日の興行のカードは豪華すぎてずるすぎますね。
駅長も武井さんも言っていたこととして、プロレスは死なないということ。
真琴はアレとしても、他に出演していた、高木三四郎、週プロの鈴木健、
最後に営業しに来たDDTの松井レフェリー。
みんなプロレスが好きで好きでたまらないという汁が出てました。
普通では無い破天荒な人達ばかりのような気もしますが、
まだまだプロレスは続きます。
プロレス不況だなんて嘘です。一部団体だけを見て、さも全部の団体が
苦しんでいるような捉え方をされています。
と感じてしまうんですけどねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

考えるプロレス

という言葉があった気がする。
たぶん10年以上前。週刊プロレスの編集長をターザン山本がやっていた頃に
彼が盛んに言っていたと思う。
何を指して「考えるプロレス」と言っていたのかは、まぁ今となってはどうでもいいのですが、
今になってみて、何がいいたかったのかということをわかるような気がしました。

当時はプロレスをやる側、それを報道する側からの一方的に情報を与えられる
だけであり、試合を見て、雑誌を読んで、それを素直に受け入れるというか、
新聞や雑誌で情報を仕入れたなら、その文章から試合内容を想像して、
おもしろそうだとか考えてみたりするのが普通だったんだと思います。
情報を共有したり、いろいろ話したりするのも、まわりにいる友人など
数人単位でのことでした。
しかし、急速にネットワーク網が構築され、インターネットで不特定多数の人と
いつでも気軽に会話することが出来るようになりました。
掲示板が中心でしたが、今ではblogだったりSNSであったり。

これは個人的に考えていることなんですが、プロレスってのは
目の前で起きた勝ち負けは1つの要素でしかなく、試合内容であったりとか
それこそ、その人のプロレスを始めてからの話であったりとか、
プロレスラーは人生自体がプロレスだと思うんですよね。
例えば、NOAHの社長の三沢光晴と今はフリーでハッスルに出たり
いろんな団体に出ている川田利明。
元々は全日本の選手でした。2人の出会いは足利工大附属高校の
レスリング部で三沢が先輩、川田が後輩の関係になった時。
彼らのプロレスの試合はその時から始まっている。
なんてさらっと思ってしまう、だめな考え。

当然どんな人間関係であったかなんて、当事者の2人しか
わからないことですが、そういう部分もいろいろ考えてみたり、
全日本に入団してからの関係。
タッグを組んで一緒にやっていた時代、袂を分かれて対戦していた時代。
なぜ三沢は川田だけにはあんなに厳しい攻めを見せるのか。
肘の尖った部分でガンガン殴ったり、受け身をとれない体制の
タイガードライバー'91をあんな高角度というか、明らかにだめな高さから
落としてみたり。
NOAHを旗揚げした時になぜ川田は行かなかったのか。
明らかにされる部分ではないし、そういう部分を考えて補ったり、
掲示板などで持論を戦わせてみたり。

この試合内容、結果からこの後はどういう流れになるのか。
次はこーなる。次はあーなる。いや、これはこーだから、あーなる。
他の人の文章を読んでみたりすると、自分では気が付かなかったことなど
いろいろわかったりとか、それを参考にしてまた別のことを考えてみたりとか
やはり楽しいんですよね。

長々と訳のわからないことを書いてみましたが、こういうことが考えるプロレス
ということを指しているんだと思っています。

で、昨日日本武道館でNOAHの興行を見てきました。
前のエントリーではメインの結果などを予想してみましたが、
簡単に裏切られてみました。
そんなことはどうでもいいのですが。
興行も、試合内容もとても素晴らしすぎて、ちょうど丸1日経っても、
余韻に浸りいろいろと考えてしまうんですよね。

ちょうど自分がプロレスを見始めたのが、90年代の前半あたり。
鶴田が内臓疾患で欠場した直後とかそのあたりだと思います。
全日は三沢が三冠のチャンピオンでした。
初めて行った全日本の武道館では三沢vs川田の三冠でした。
今でも鮮明に覚えています。
デストロイヤーの引退試合、セミではハンセンvs小橋の試合。
小橋がコーナーポストに座っているところにハンセンがウェスタンラリアット。
もんどり打って小橋が落ちてハンセンの勝ちでした。
メインの三冠では三沢が投げっぱなしジャーマンを3連発してから
タイガースープレックスで勝ち。
それからは全日の三沢・川田・小橋・田上の四天王を中心にプロレスを見てました。
単なる我慢比べとか言われたりもしますが、何がそこまで彼らを動かすのか
外から見るとそこまで命を削って試合をする意味はあるのか、
打ち所が悪ければもしかしたら死んでしまうかもしれない。
そんな恐怖はこの人達には無いのか。
しかし、身を削ってまでやる輝き。
そんな眩い輝きに魅了されっぱなしでした。

しかし、そんな人達でも時の流れには逆らうことは出来ない訳で、
あの時よりは10歳年を重ねているんですね。
そして三沢光晴は自分の団体を旗揚げして社長業もこなしている。
10月の武道館でチャンピオンの丸藤がKENTA相手に防衛した後、
自然発生的に大三沢コール。
そんなお客さんの期待に応えて組まれた今回の丸藤vs三沢。
長年のダメージの蓄積。社長業もこなしている。
明らかにコンディションは良く無さそうだし、なんと言ってもおなかが
ポッコリと出ている。
そんな状態であったとしても、お客さんは残酷なわけで、10年前の
光り輝き強かった頃の三沢を期待してしまうわけです。
実際このカードが決まって、すごい勢いでチケットが捌けた感じでした。

そして試合当日。
セミが終わって選手が退場した後から、大三沢コールでした。
決して丸藤が嫌いな訳では無いんですよ。
もう年齢的にも、体調なども、いろいろなことを考えると
これが最後のGHC挑戦になるかもしれない。
丸藤を筆頭に、力皇・森嶋・KENTAの世代が確実に育っているわけで、
たぶん三沢も負けて、世代交代を確実なものにするだろう。
という考えから、いざ鎌倉的に三沢さんの最後の勇姿を見に行って
最後まで声援を送ろうという考えだったんだと思うんですよね。
今負けるのはしょうがないんですよ。
でも三沢さんには負けて欲しくないんです。そういう矛盾した考え。
頭ではわかっていても、体はわかってくれないみたいな。
鶴田越えをして、四天王で命を削った戦いをして、WJ裏の武道館で
実況の日テレ矢島アナに「死んでしまう」と言わしめるような試合をしたり
おそらく20代後半~30代前半の自分たちの世代は、あんな戦いをしてきた
三沢さんには最強でいて欲しいんですよ。
と思ってましたが、そんな人ばかりでした。
試合の内容はいろんなところに書いてあるので割愛。

そこには鬼がいました。
3月の武道館で森嶋と対戦した時の鬼さ加減とはまた別の鬼。
しかしよく見てる人ばかりでしたねぇ。
コーナーから雪崩式タイガースープレックスの体制に入ってすごい歓声上がって、
手を組み替えて'85にした時にはさらに大爆発。
'85なんて前に出したのは2003年の小橋とのGHC戦以来?ってな感じでした。
あとは変形エメラルドフロウジョンにタイガードライバー'91にフィニッシュで
雪崩式エメラルドフロウジョン。
最後は丸藤が不知火に行こうとしたところを一瞬の閃きで受け止めて、
コーナーに座らせて自分も登って雪崩式エメフロとか・・・
たぶん初でしょうけど、最初で最後になりそうな勢いですねぇ。
で、大方の予想に反して三沢さんが第11代GHCヘビーのチャンピオンに。
'85が出たあたりから、会場の雰囲気がやばかったですねぇ。
大三沢コールも。
終了後は森嶋が次ぎの挑戦者として立候補。
丸藤が防衛するにしろ、次は森嶋だと思っていたので、
これは想像通りでしたね。

最近やばい雰囲気を出してしまってるちょっと笠木忍に似ている美少女森嶋。
今年の3月の5大シングルをやった時には三沢さんの鬼を引き出してしまい
アレされちゃった森嶋。
しかし夏のヨーロッパ遠征あたりから覚醒しちゃってるし、
大きな体を存分に使うことは非難されることでは無いとわかってしまったので、
その体を使っての、おまえを潰す尻とかラリアットとかフィニッシュで
いけない角度で落とすバックドロップとか、やばいくらい説得力を
持ってしまったし、故・橋本真也に言わせれば「時は来た」でしょうね。

しかし今年のNOAH。
6月に小橋のガンが発覚して長期欠場になった時に、どうなってしまうのかと
思いましたが、丸藤を筆頭として力皇・森嶋・KENTAの4人ががんばりましたね。
7月の高山復帰の武道館のセミでやった4人。
三沢さんやガチドラに期待をかけられ、それに試合内容でしっかりと応えた4人。
一気に開けたような気がします。
前回10月の武道館では実質メインの丸藤vsKENTAのGHCヘビーだけで集客してるし、
試合内容も今年のベストバウトと言っても問題は無いものでした。
この2人が欠けたおかげでジュニアヘビーがやや手薄になってしまった感も
ありますが、この階級は他団体にたくさん良い選手がいるわけで、
せっかくのGPWA、他団体の選手との試合を中心に組んでいくのもおもしろい
ものになっていくと思います。
やや体が小さめな日本人にとっては80~90kgあたりがベストウェイトで
ゴツゴツやれるのではないでしょうか。

2007年のプロレスもたくさんおもしろいことがありそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

NOAH日本武道館

これから日本武道館でNOAHを見てきます。
VMが来たり、欠場以来初めて小橋が挨拶したり、東京愚連隊がGHCのJrタッグに
挑戦したりといろいろありますが、やはり今日はメイン。

   第8試合 GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
   [王者]丸藤正道 vs [挑戦者]三沢光晴

結末はいろいろと想像出来ますが、終わったら泣きそう。
期待を込めて、コーナートップからのダイビングネックドロップで丸藤の勝利。
こうなったらほんと号泣してしまいそう。

ということで行ってきます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

照明の続き

チケットの上納をしに行くついでに、秋葉原で照明機器を物色。
裸電球3個くらい付ける安い照明が熱い感じなので、まぁそれをつけたいなと。
でもそれを付けるには、一般的なシーリング用のコネクタが付いていないとアレ。
結局1個105円で売っていたので、それを部屋に付けてみました。
なんか電気関係の免許持ってないと本当は付けることをしては
いけないらしいのですが、簡単に付けられるらしいし、電気屋では
取り付け工事を案内されましたが、それ呼ぶと1個付けるのに
4500円くらいかかるとか言ってるしで、とりあえず部品だけ買って帰りました。
まぁアレです。
想像以上に簡単に付けることが出来ました。
あとは本体を調達するだけ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

蛍光灯デスマッチ

先週の日曜は横浜文体の大日本プロレスを見に行こうと思っていましたが、
その前の日に続いて、引越の手伝い?をしに。
そこで感化されて部屋のインテリアを揃えたくなってみる。
結構お安く良さそうな物が売っているんですよね。
でも結構ガラス製の物が多い。
不注意だったり、すぐこけたりするので、ガラスが天板の机とか
絶対にガラスデスマッチになるよなぁと話しながら見ていました。

で、今日仕事から帰ってきたら5年前くらいに点かなくなった
部屋の照明から変えようということで、取り外していたのですが、
やっぱり不注意で1人蛍光灯デスマッチになってました。
ガラス製の家具を使うなんて無理だわ・・・

しかし照明を取り外したのはいいけど、一般的なシーリングの
照明じゃなかったので、普通に交換出来るのかが疑問。。。
おしゃれな照明とかいらないので、無骨な照明機器を探すのと
交換方法を確認しに秋葉原ですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 2006 | Main | January 2007 »