« March 2006 | Main | September 2006 »

やう゛ぁい

アレ。
3年ぶりに喘息の発作が出そうな予感。
というか出かかっている。
バスツアーの2日目のアレを書こうかと思ったけど、
そんな余裕無いっぽいので、また後日で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

稲村ケメ子と行く長野バスツアー2006 ~初日編~

で、いざ当日なわけですが、東京出発組は大阪や名古屋出発組よりも
多少遅くて8時40分に東京駅集合で9時出発。
今年は他にもいろいろなイベントをやっているので、あまりDDの参加無し。
濃いヲタだらけのバスツアーなわけですよ。
東京からはバス2台。
自分が乗っていた2号車は44人。
おそらく1号車も同じくらいだと思うので、東京からは90人くらい。
大阪からが16人で、名古屋からは15人らしい。
合計で120人程度のイベントってとこですかね。
最低でも54,800円はかかるはずなので、長野1泊2日の旅に
そんなにお金を出す人がいるなんてリッチな人が多いもんですね。
ちなみに今回は11人グループで参加。
東京発が3人。大阪発が8人。
大阪発は全部で16人のはずなのに、自分のグループの8人は大阪発。
半分を占めているとか・・・。

まぁバスは指定席というか、バスの入り口に座席表が張り出されていた
わけですが、自分の席がこれまたアレな席で、一番後ろの5人がけシートの
真ん中の席。
アレです。
前に誰もいません。
あと、添乗員のアヤカさん(20)。
普段はおじいちゃんおばあちゃんのバスツアーの添乗員をしているらしい。
こんなナウナヤングばかりの添乗員をするのは初めてだったらしいですよ。
なんて言うんですかね。
天然ボケというか、かわいらしくて楽しい人でしたよ。

それと東京2号車。狼名木登り君。内輪名電波君。
一緒のバスでした。
早くもげんなり模様ですよ。

ということで9時10分頃にバス出発。
いつものように目的地は知らされません。
「すべてのイベントはサプライズです。」らしい。
東京駅出発で一ツ橋から首都高に乗り、5号池袋線を走っているようなので、
美女木から外環入って大泉から関越に乗って上信越で長野方面ということは
想像できるわけですが、いろいろとありすぎて、どこなのかまでは不明な状態で。
出発してすぐにツアーパスを配布。
いつものように3人のコメントが書いてある。
稲葉さんのはバスの中での時間つぶしように数独になってるし。
そうですか。3回目だとそんな書くことが無いですか。
道路はスキスキで、11時前に上里S.A.で昼食休憩でーすということになり、
もういきなり微妙な感じ満載の状態ですよ。
バスの中がヒマヒマーなので、狼の該当スレを読んでいたらこんな書き込みが!

------------------------------------------------------------
151 :名無し募集中。。。:2006/06/10(土) 08:37:15.44 O
CDやビデオ持って行くとたのしいかも
モーニング刑事きたわぁ
保田儲氏提供
------------------------------------------------------------

いきなり凹まされました。
さすが福岡の御大。。。

昼食休憩終了後に旅のしおりのような物が配布されて、ツアーに参加してくれて
ありがとうといった内容のビデオを車内で放送。
同乗に強力な電波発生源がいるので、バスのテレビの画面の映りが悪すぎて
困りますよね。
ちらつくし、たまに白黒になるくらい色は変だし。
あと、時間潰し用にツアーパスの稲葉さんが書いた数独の拡大コピーを配布。
ツアー日程は、
   ○ドキドキイベント (ポラロイド撮影)
   ○ドキドキイベント (ミニライブ)
   ○ナイトイベント
   ○グループ撮影・紙飛行機飛ばし
   ○白樺クラフト体験
   ○握手会イベント
ごまーんよーんせーんはっぴゃーくえーん。。。

そんなこんなでゆらり揺られて長野へ。
道路は全く混んでいなく、順調すぎるほど順調。
あまりにも順調すぎて、トイレ休憩という名の時間調整を何回も
行わなければならないほどでした。

今年は去年のようにイベントの度にどこかにバスに乗らされてどこかに
連れて行かれる感じではなく、1日目のイベントに関しては宿泊施設で
全て行われたので、非常にらくちん。
バスで宿泊施設に到着し、入り口に荷物を置いてとりあえず係員の
指示に従えと。
一番最初は4ショットのポラ撮影。
こういうポラ撮影とか非常に困るんですよねぇ。
ポーズを指定して写真を撮ることができるわけですが、
いっつもいっつもどうしていいのか困るんですよね。
まぁしょうがないので、今一番流行のポーズ。
いわゆるマッスルポーズで試合を締めくくらせて頂きました。
握った両拳を天高く突き上げてマッスルマッスルとやるわけですね。
それでカシャリ。
名前と番号を書いてひとまず写真は回収。
回収されるということはなんかあるんでしょうねぇ。
この時点で14時30分頃。
ツアーグッズを買いたい人は買って、自分の部屋に行って
夕食まで自由時間をお楽しみくださいという時間でしたが、
まわりのホテルとかお店とか軒並み営業していないというか、
オフシーズンのスキー場なのでやっているわけもありませんね。
しょうがないですよね。

ぼーっとしていると、大阪組も到着。
ということでやっと同部屋の4人がそろいました。
今回は御大と同部屋ということで、密かに部屋のデコレーションが楽しみ。
部屋は和室でしたが、ロフトがあり、かなり広めの部屋でした。
部屋到着からせっせと御大はデコレーション作業。
ってかまたありえない荷物の量でした。
今回は特大やすす人形もあり。
荷物を広げてつぎつぎと部屋へ配置。
ポスターセット、娘。の時計、ヤスビジョン屏風、そして今回導入の新兵器
やすす写真のれん、掛け軸。
もうねアホかと。
そんなこんなでロフト部分はやすす部屋になってました。
Room1_1Room2Room3





部屋のデコレーションをしたところで結構時間も余っているわけで、
よし、豪華景品をゲッツするために紙飛行機飛ばしの練習だって気持ちでも
大の大人が紙飛行機を作って飛ばすのも非常に微妙な気持ちになるんですが、
去年のカレーツアー、長野ツアーでも紙飛行機を飛ばしているので、
恒例イベントになっているわけですね。
今回は同じグループの大阪組にカレーツアーで紙飛行機飛ばし優勝の
人がいて、いろいろご指導ご鞭撻していたみたいですよ。
この時はまだ飛行機飛ばして商品ゲッツする気持ちがあったんですけどねぇ。
ということで自分達の部屋のあるフロアに屋上みたいな感じのところがあって
そこで練習をしてみようということに。
行ってみたら、夜に行われるミニライブの音漏れが激しいというか、
丸聞こえな感じで、激萎え。
即部屋に戻って引きこもってました。
ヲタ同士ワイワイしていると時間はそれなりに早く過ぎたり、
他の部屋からもやすすほこらの噂を聞きつけた方々が見学に来たり。
皆様大爆笑してお帰りになられるわけですよ。
そりゃあんな光景が目の前にあれば笑うわって話ですよね。
そんなこんなで夕食の時間。

食事やホテルの施設等は去年と比較するととてもまともでした。
まぁアレです。
去年が酷すぎたという話も。
食事前に3人が来るのかなぁと思ったりはしましたが、それもなく食事開始。
団らんしながら食事しているところへ、3人が乱入。
テーブルを一つ一つまわってありがたいお言葉を投げかけていましたが、
うちのテーブルは御大はいるわ、先週の福知山のイベントで保田大明神の
幟を掲げて歩いていた足軽がいるわで、基本的にスルーというか、
アレな対応をされるテーブルなんですよ。
やすすって一度釣り上げた魚に餌くれないし。。。
一応御大がなぜか食堂に持ってきていたやすす巨大人形に
反応していました。
自分の人形だとは思わなかったと言ってましたが・・・。

テーブルを一通り廻って、3人はミニライブの準備ということでどこか
行ってしまいましたが、最後に乾杯を。
稲葉さんとアヤカは水の入ったコップを持っているのに、なぜかやすすだけは
ビールの中瓶。
かんぱーいしてラッパ飲みはしていませんでしたけどね。

食事が終わったらすぐライブ。
ホテルの中にそういうスペースがあるらしく、そこでやりました。
事前に抽選して席は決まっていませんでしたが、R-4という微妙な感じの
しそうな席でした。
今年は個人個人で抽選して席を指定されたので、去年のように
12人グループなので横12人連番とかできなくて非常に残念でした。
まぁ普通に見ることが出来そうなので、それはそれでありなのでしょう。
ほら、また11連番とかしちゃうと何かが弾けてまたやらかしちゃいそうな
気がしますし。

席順は
ステージに向かって左から右に向かってA→R、前から1→8という感じの
座席表になってました。
自分はR-4なので、端だったんですけどね。
で、ライブ開始。
去年は1曲目がちょこっとLOVEであのフォーメーションで始まったので、
思わず感極まって泣いてしまいましたが、今年はスローな曲で始まったので
自分の中では何かが切れてしまうことがありませんでしたが。
衣装は黒のドレス。
結構ボディラインが出てしまいそうな感じで、スリットがかなり上の方まで。

------------------------------------------------------------
2006.6.10 ミニライブ
   1.Motto
   2.Memory 青春の光
   3.淋しい熱帯魚
   4.私も「I LOVE YOU」
   5.I LOVE NEWYORK CITY
   6.Rose
   7.サマーナイトタウン
   8.Dance and Chance
   9.Magic of Love
------------------------------------------------------------

1.Motto (タンポポ)
   スローな曲から始まったので、個人的には肩透かしを食らった感が
   ありありと出てますが、でもしっかりと聴かせてくれるので、
   非常に心地いい。

2.Memory 青春の光 (モーニング娘。)
   ガン泣き。
   この曲好きなんですよ。
   でも3人じゃ声が足りないので、所々声が無かったりもするのですが、
   それでも素晴らしい曲。

3.淋しい熱帯魚 (Wink)
   この3人と言えばこの曲とは言ってましたが、
   個人的にはもういいよ汁が出すぎちゃってる感じで。
   ぶっちゃけあんま乗れない感じ。
   ウラヲイ、ウラヲイ、したくなる。

-MC- (保田・稲葉)
   アヤカが引っ込んで2人でトーク。
   ここから3曲はチャレンジする曲らしい。
   前回のバスツアーのミニライブではやすすがピアノ弾いて
   2人が歌うというチャレンジをしましたが、今回はみんなが1曲ずつ
   チャレンジした曲を歌う。

4.私も「I LOVE YOU」 (ココナッツ娘。)
   まずはアヤカのチャレンジ。
   衣装は女子高生風の服。
   衣装がアレなのがチャレンジというわけではなくて、
   今流行のハングルで歌うチャレンジ。
   1番はハングルで歌って、それ以降は普通に。
   でもいた人達はハングルで歌われてもわかる人はいなさそうな雰囲気。

5.I LOVE NEWYORK CITY
   稲葉さんのチャンレンジ曲。
   でも稲葉さんは出てこないでニューヨークのダンサーATSUKOが登場。
   お忍びで長野に来ているらしい。
   1曲切れのあるダンスを披露な感じで。
   まぁ、これチャレンジなのかな?って考えたら負けっぽい雰囲気でした。

6.Rose
   やすすのチャレンジ曲。
   去年はピアノ伴奏だけだったので、今年はピアノを弾きながらの弾き語り。
   皆さん着席してお行儀よく見てました。
   非常によいものでしたよ。
   自分の席がピアノ設置場所からほぼ対角で、さらにピアノはステージに
   乗っていなかったので、あんまり見えず。
   超高速譜面めくりだけは見えました。
   でも譜面なんて見ずに弾いてますよね。
   お守り代わりっぽい感じで。

7.サマーナイトタウン (モーニング娘。)
   いいですよね。こういう曲。
   リミックスな感じでした。

8.Dance and Chance (ココナッツ娘。)
   ノリのいい曲で。
   そういえば去年アヤカが1人で歌って、ダンスが云々ということを
   言っていたので、今年はどうなっているのか見ようと思ったけど、
   1分後にはころっと忘れて記憶無し(´・ω・`)

9.Magic of Love (太陽とシスコムーン)
   いつ聴いてもかっこいい曲だなぁ。
   稲葉さんのソロのバージョン、エルダーでたくさんの人が歌った
   バージョンは聴いたことはありますが、原曲に近い形で聴いたのは
   初めてかも。
   やっぱりのりのいい曲ですごい勢いでみなぎりが注入されていくものの
   ミニライブ事態はこれで終了。

アンコールの声援もむなしく、係員の誘導で退散。
これまたいいライブでした。
来た甲斐があるものです。
MCでやすすがリハの時は曲数が多すぎたかもと感じていたそうですが、
実際やってみるとやっぱりあと5曲くらいあってもと感じたみたいです。
ですよねぇ。
もっと見たい見たい。

すぐにナイトイベント。
ナイトイベントという名のキャンプファイアー。
とりあえず寒い。
体調崩しますよねって程度寒い。
長野舐めてました。
寒い。
誘導されて連れて行かれた所は既に燃やす薪がセッティング済み。
ちょうどガソリンをまいたりしているところでした。
一度部屋に戻って小ネタというか、保田大明神の幟を持って行く大の大人。
出口が狭いので幟を持って出る人は最後に出てください的感じ。
奥の方は崖になっているので気をつけてください!!!
といことで奥の方に。
寒い中ヲタは待たせて、しばらくすると3人が車で運ばれてきて登場。
まずは火をつけるところから。
3人が点火させるわけですが、少し出来上がっちゃったプヲタ的には
火をつけるには神取が必要。
神取のいないキャンプファイアーなんて火をつけてやるー!
いくぞー!3、2、1、ファイアー
ってな感じで火をつけると盛り上がるはず!!!
♪  ヽoノ
   へ)
    く  
    エール エル ピー ダブリュウ♪
                         ヽoノ  ♪
                          ( ヘ
                           >
と、妄想してみますが、結局は3、2、1、バーニング!で点火するということに。
ちょっと意味不明。
しかし、プヲタなのでバーニングにも反応で。
バーニングハンマーキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
小橋キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
こばし!こばし!こばし!こばし!こばし!
プヲタウゼー
ってな感じで普通に点火。
ボーっと燃えてます。
ヲタも萌えてます。
じゃあ歌いましょうということで、外に出る時にもらった歌詞の紙を見ながら
燃ーえろよ萌えろーよー炎よ燃ーえろー
って感じで大の大人が歌声喫茶してました。
スタッフの人が弾くギターに乗せて。
歌い終わったら恒例の豪華賞品をかけたジャンケン大会で。
最初の何回かはみんなで本人達とみんなが一斉にジャンケンをして、
勝った人だけ残って、適度な人数でガチ勝負という形態。
商品メモ。
  ○保田圭メッセージ入り目覚まし時計
  ○稲葉貴子メッセージ入り目覚まし時計
  ○アヤカメッセージ入り目覚まし時計
  ○保田圭サイン入りバスツアー長袖Tシャツ (赤ver)
  ○稲葉貴子サイン入りバスツアー長袖Tシャツ (赤ver)
  ○アヤカサイン入りバスツアー長袖Tシャツ (赤ver)
  ○保田圭サイン入りポラロイド写真
  ○稲葉貴子サイン入りポラロイド写真
  ○アヤカサイン入りポラロイド写真
  ○3人のサイン入り3人で写ったポラロイド写真
すいません。
やすすのサイン入りの長袖Tシャツをガチでゲットしてしまいました。
アレですね。
一生分の運を使い果たしました。
アレです。
グーだけ出し続けてラスト2人まで残れたので、最後のガチもグーで勝負かけて
勝てました。
ほんとうれしかったなぁ。
一瞬でメーターが振り切れてしまいました。
当たったら前に行ってこれをやろうとかいろいろ考えていたんですけど、
HBKの入場ポーズみたいなやつとか。
しかし、頭が真っ白になってしまい、ただわめいていただけの気がします。
大の大人なのに・・・。
奇声を上げている変なおっさんでした・・・。
その後はもう舞い上がってしまい、適当にイベントを見ている感じで。
最後にみんなでLOVEマシーンを歌ってナイトイベントも終了。
部屋に戻ってワイワイとワールドカップやプロ野球ニュースを見ながら
酒を飲んで、今年はきれいな大浴場でまたーりと風呂に入って
それなりの時間に寝ました。

----------
今年は短く書こうと思ったのになぁ。
なんだかんだで長文になっている気がするけど、
気のせいということで考えなかったことにします。。。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

稲村ケメ子と行く長野バスツアー2006 ~前日編~

最後のアレが2ヶ月半前とかプギャー。
ということでその頃にはてんぱっていたようですが、だんだんと(´・ω・`)と
なってきて、前日にはあー行くのだるいなぁという状態でした。
新橋のあそこ行って何か見ればやる気出てくるかなと思ったり思わなかったり
なによりもDSEのアレのことで話したくて新橋に行ったら、まぁ金曜ということも
あってアレな方々がやっぱりアレしていて、結局2001年の娘。秋コンの映像を
見ていました。
あーこの頃のライブ楽しいなぁ。
こんなライブだったら無理してでも行きたいなぁと思ったりで、
まぁいろいろ書くとまたアレしてしまいそうなので、このあたりでやめときます。
しかし、ついついモーニング娘。早く再結成しろよとか電波発言をしてしまったり。
そういえば2001年のデジドリでプッチモニがぴたクリやったらリアルで
ざわざわ(福本漫画調で)となって、モー。ヲタってきもーいって印象を
植え付けることができたアレでしたね。
そりゃL・O・V・E・Lovely 後藤とか生で聞いたらそりゃ凹むわ。
話を戻して、新橋で映像を見て多少やる気が出た感じで帰宅。

----------
一応解説をば。
稲村ケメ子とは・・・
  稲:稲葉貴子
       元・太陽とシスコムーン→T&Cボンバー。
       その昔は大阪パフォーマンスドール
  村:アヤカ
       本名が木村絢香
       1人になってしまったけど、ココナッツ娘。
  ケメ子:保田圭
       ケメ子と呼ばれる女。
       元・モーニング娘。
今年はそんなに長くならない文章になる予定。
去年の長文はこちら。
  長野への旅 ~1日目~
  長野への旅 ~2日目~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | September 2006 »